FC2ブログ
10


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


12

管理人みやっちが車や原付で広島を中心に広範囲に飲食した雑記帳です。
2018/07/13(金) 19:30 背脂体験 安佐南区・ラーメン
安佐南区祇園三丁目22番
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
180713013001.jpg
180713008002.jpg
180713009003.jpg
180713010004.jpg
180713011005.jpg
祇園のパチンコ屋さんの敷地内で営業されている塩ラーメンの「スター&プラチナ」さんが
以前は夜になったら「爆食ドラララ」と名を変えて二毛作営業をされていましたが
少し前から夜は油そば専門店に内容を変えての二毛作営業になり気になっていました。
初訪の今回、通常の油そばだと麺の量が400gと多いので、麺ハーフの体験版をオーダー。
器の大きさが400gで丁度良いのか、ハーフだと見栄えはしません。
背脂の層から太麺を引っ張り出すと食べごたえはさすがです。
背脂のギトギトに対抗するかのようなニンニクやネギもしっかり仕事します。
そのままでも意外とイケますが、好みでどうぞと出された粉チーズとの相性が抜群に良くて
目隠しして食べたらイタリアンと間違いそうなほど美味しい。
次にマヨネーズをかけてみるとこれまたコクマロになっていくらでもイケそう。
最後にタバスコを試したんですが、コレは酸味が出てくるので個人的な好みには合いませんでした。
それでもデフォで美味しく粉チーズで美味しくマヨネーズで美味しくと
味変で3回も楽しめるのはとても嬉しいですね。

店舗情報→お店のフェイスブックです

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
2018/04/17(火) 12:30 こちら安佐南区ラブゴルフ前 拉麺屋 安佐南区・ラーメン
安佐南区相田六丁目29番
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
180417014001.jpg
180417001002.jpg
180417003003.jpg
180417004005.jpg
180417005006.jpg
180417013008.jpg
180417006007.jpg
180417007008.jpg
180417011009.jpg
180417010010.jpg
180417012011.jpg
180417009012.jpg
180417008013.jpg
祇園のジョジョなラーメン屋さん、スター&プラチナの2号店が
同じ区内の相田にオープンしたらしく、場所がまた意外な場所で
ショートコースや打ちっぱなしのラブゴルフさんの元・喫茶コーナーという事で
ちょっと面白そうなので探検気分で初訪問。
ラブゴルフさんには20年以上前にショートコースに通っていた事があるんですが
その頃以来になります。
何番ホールか忘れたけど、「グリーンオーバー ダボが出る」なんて標語?の板があった記憶が蘇ります。
駐車場はゴルフ場のスペースが使えますが店舗はちょっとだけわかりにくく
ゴルフの受付を正面に見ながら左へ逸れて斜面を上がったところにあります。
店名はスター&プラチナではなく、「こちら安佐南区ラブゴルフ前 拉麺屋」という
ジョジョと同じジャンプ繋がりのようなネーミングで、店内に入ればジャンプワールドが広がります。
名前だけならこち亀ですが、ドラゴンボールやキン肉マン、ワンピースや男塾ナドナド
あらゆるジャンプのキャラクターがどこを見渡しても何かしら置かれたり貼られたりしています。
初訪なので基本メニューっぽいあご塩拉麺をオーダー。
店頭でSNSに写真投稿し申告すると味玉トッピングがサービスという事なので
さっそく写真を撮ってツイッターに投稿、ハッシュタグは「こち麺」で。
着丼したあご塩拉麺、ビジュアル的にはさすが塩ラーメンのスター&プラチナさんと言いたくなるような
見栄えのする具材と彩り。
まずスープから、口に入った瞬間からアゴアゴしい出汁とサッと効いてパッと切れる塩ダレ。
これだけの濃厚なスープですから麺はそれを受け止められるだけのモッチリ具合。
具材はどれも主張しすぎず、しかし物足りなくもなく。
本店とも違う新しい一杯に大満足でした。
個人的に一番ツボったのは男塾の民明書房をパクった拉麺の解説で
店主さんにソレを伝えると「今まで誰にも突っ込まれた事が無かったんですよ~」と
とても喜んでいただけました。

店舗情報→お店のフェイスブックです

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
コメント:0  トラックバック:0
2017/12/24(日) 11:30 ザ・ラーメン 安佐南区・ラーメン
安佐南区祇園四丁目1番 掲載5回目
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
閉店カウントダウン編 ファイナル
171224013001.jpg
171224000002.jpg
171224007003.jpg171224009004.jpg
171224000005.jpg
171224010006.jpg
171224012007.jpg
12月26日の最終営業日が仕事で食べに行けないため
その2日前の24日に自身最後のザ・ラーメンへ。
11時開店ですが、行列必至なので早めの9時過ぎ店舗着。
それでも先客は既に20人弱といったところか?
10分ほどして、レース繋がりのプリモハウス山本バイク部・ツヨシ選手が到着。
お互いに「おおお!」と偶然の遭遇に驚きました。彼は私の10人程度後ろか?
それから約1時間ほど店外で待ち、正規開店時間より25分ぐらい早く開店。
カウンターには座れませんでしたが店内の丸椅子5番手に滑り込みました。
全体では18番目だったようです。
そしてここから更に1時間ほど待ち、自身最後の1杯が着丼。
最後に選んだのは、ラーメン。基本メニューをストレートに選択。
そのために過去2回を塩バター → みそチャーシューと選んでおいたんです。
ネギラーメンのような、チャーシュー麺のような、汁だくのラーメンも見納め食べ納め。
緑井時代から約30年、一体何杯のラーメンをいただいたであろうか。
現在地に移転オープンする前は、ローカル番組(パパタイムだったかな?)にとりあげられ
オッチャンが移転する場所を探してるなんて言ってた記憶も蘇りますし
その移転先がまさかまさかの地元祇園でとても嬉しくて
1990年代中盤あたりは本当に頻繁に通っていました。
一口ずつ味わいながら、溢れそうになる涙を堪え完食。
長い間、本当にお疲れ様でした。
食べ終わって店外に出ると、更に長い行列になっていました。
そして閉店時間をとうに過ぎた夕方5時過ぎに店の前を通った時も、
まだ店内ではお客さんがラーメンを待っていました。
ファンにとっては本当に辛い閉店です。

最終営業日の朝8半過ぎの様子。
171226001008.jpg
平日にも関わらず、最後の最後を求めるファンの姿が。

閉店から1週間後の店舗横駐車場の貼り紙。
180103004010.jpg

閉店から1週間後の店舗入り口の貼り紙。
180103003009.jpg

180103005011.jpg
ああ、切ない・・・。

↓ 閉店カウントダウン記事はコチラから
閉店カウントダウン編 1/3
閉店カウントダウン編 2/3

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
コメント:4  トラックバック:0
2017/12/22(金) 19:30 爆食ドラララ 安佐南区・ラーメン
安佐南区祇園三丁目22番
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
171222009001.jpg
171222004002.jpg
171222003003.jpg
171222005004.jpg
171222006005.jpg
171222007006.jpg
171222008007.jpg
祇園のパチンコ屋さんの敷地内で営業されている塩ラーメンの「スター&プラチナ」さんが
夜になったら「爆食ドラララ」と名を変えて二毛作営業をされるようになって
前々から気にはなっていましたが、夜は基本的に自宅で嫁さんの手料理なので
なかなか訪問のチャンスがなかったんですが、嫁さんが会社の忘年会で不在となりやっと訪問。
基本メニューのドラララーメンをニンニク少なめ、辛玉普通でお願いしました。
麺は200gという事で、一般的なラーメン屋さんの麺のおよそ1.5倍程度でしょうか?
そして野菜は400gらしいのですが、そのほとんどはモヤシとなっております。
着丼し、まずはモヤシの山を食べ崩しつつ、麺にたどり着きます。
この極太麺、当然のごとくモチっと食べごたえがありますが
スープがまたそれを受け止めるだけの濃さがあります。
個人的には辛玉を入れたおかげで最後まで単調にならず味変させながら楽しめました。
1枚だけのチャーシューが寂しいのかな?と思っていたらこれまた極厚で
とんでもない存在感であった事に気がついたのは食べている時でした。
昼営業の時の塩ラーメンとは全く違う、バイオレンスな1杯でした。

店舗情報→お店のフェイスブックです

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
コメント:6  トラックバック:0
2017/12/11(月) 12:30 ザ・ラーメン 安佐南区・ラーメン
安佐南区祇園四丁目1番 掲載4回目
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
閉店カウントダウン編 2/3
171211001001.jpg
171211002002.jpg
171211003003.jpg
171211004004.jpg
閉店カウントダウンに入って連日大盛況のザ・ラーメンさん。
私は前回より3日での再訪。
前回は開店の11時を少し過ぎての訪問でかなり行列ができていたので
今回は少し早めに10時45分頃着も、先客は20人前後。
正規開店時間10分前に店が開いて、順番に入店。カウンター13人が埋まり
店内丸椅子最後の1席に着座。
数分後、しぇんさん到着も外待ち組で私の7人後ろとの事。
折角なので前が空く度に後ろのかたに先を譲り、しぇんさんと一緒に食べることに。
しぇんさんはるぁっしーを広島駅に送っていて遅れたとの事。
そして2人で並んで待ってる間に、広島駅から新幹線で大阪に向かったるぁっしーから
大阪に到着したという連絡が。かたや数百キロ移動、かたや数メートル移動 (;´∀`)
結局着丼は12時25分頃。約1時間40分待ち。
前回が塩バターだったので今回はみそチャーシュー。
上から見ると大盛りなおつまみチャーシューに見えなくもない圧巻のビジュアル。
横から見ればしっかりした肉厚のチャーシューである事もわかります。
即ち、麺料理というよりは肉料理なのです。
これだけのチャーシューが使われて900円はおっちゃんの男気というか良心。
麺にたどり着くために手前側のチャーシューから食べ始め、
1/4ぐらいやっつけてから、その下の層のモヤシや麺にようやく到達。
でもまだ食べにくいので合間合間にチャーシューを。チャーシュー減らないしw
全体の2/3ぐらい食べる頃には私の胃袋は満足な感じ。
昔は麺Wとライスも食べていたんですが、年をとりました・・・。
ラストスパート、チャーシューがあと5枚ほど。もう限界なのでしぇんさんに2枚手伝ってもらいました。
随分久しぶりなザ・ラーメンのチャーシュー麺でしたが、チャーシューに圧倒されながらも
マイルドな味噌スープとの絶妙なコラボを堪能できました。

閉店カウントダウン編 ファイナルに続く

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
コメント:0  トラックバック:0
2017/12/08(金) 12:30 ザ・ラーメン 安佐南区・ラーメン
安佐南区祇園四丁目1番 掲載3回目
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
閉店カウントダウン編 1/3
171208001001.jpg
171208002002.jpg
171208003003.jpg171208004004.jpg
171208005005.jpg
171208006006.jpg
師走に入り、世間は慌ただしくなってきたなぁと思っていたら衝撃的な情報が。
「祇園のザ・ラーメンが12/26で閉店するらしい」
知った時は本当にショックでした。
そりゃまぁ最近ではオッチャンの年齢やら体調やら心配事は多かったけど
実際に閉店が決まったとなると、やはり行けるだけ行って、味の記憶を焼き付けたいと思い
自身のスケジュールを再確認。
走友であり麺友でもあるシェンプラス代表のいまにしぇん氏と取り急ぎの1回目訪問となりました。
11時20分頃の到着。
開店待ちの先客は店内に飲み込まれ、店外に溢れている待ち客は5~6名か?
店外で30分ほど待って、店内では40分ほど待って、ようやくの着丼。
今回は塩バターで。
丼いっぱいにスープがなみなみと注がれ、ネギラーメンでもないのに葱がたっぷり。
端の方にはバターがひっそりと。そして葱に隠れて中層にはモヤシとメンマ。
ザ・ラーメンと言えばデフォルトで多めなチャーシューが有名ですがコレも葱で見え隠れ。
昔から変わらぬそのビジュアルがなんとも嬉しい。
今回の塩バター、こちらのスープでは特にあっさり系。
バターの塩分が加わってこそ完成するような塩味です。
柔らかめに茹でられた麺との相性も実は一番良いのかもしれません。
そして叉焼の味付けも邪魔しないスープです。
繊細とは言いませんが、実に奥ゆかしいスープで広島の塩ラーメンとしては特に好きですね。

閉店カウントダウン編 2/3に続く

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
コメント:2  トラックバック:0
2017/12/04(月) 12:00 本格豚骨ラーメン 恵壱 安佐南区・ラーメン
安佐南区安東一丁目3番
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
171204008001.jpg
171204002002.jpg
171204005003.jpg
171204006004.jpg
171204007005.jpg
171204003006.jpg
171204004007.jpg
安東のアストラムライン沿いに最近オープンした豚骨ラーメンの店。
店のドアを開けると正面にはいきなりセルフコーナー。
その向こうにカウンター席があり着席。
ラーメンは白と黒の二通りのようですが金額は同じ。
ベースの白が気になるも、マー油が好きなので初訪なのに黒を。
店主さんの仕事も店員さんのオペレーションもテキパキとしていてあっという間に着丼。
まずスープ、濃さも旨味も良いですね。マー油は一歩間違うと効き過ぎの半歩手前。
麺はバリカタでお願いしましたが、コレぐらいが私には好ましい。
叉焼が秀逸で、硬過ぎず柔らか過ぎずでいかにも良い肉食ってますな満足感の高いもの。
新鮮な葱や食感が楽しいキクラゲも良い脇役っぷり。
平日に数量限定でサービスされる茹で卵も食べて、とても満足な一杯。
ラーメンの単価としては少し厳しい部分もありますが、そこは茹で卵分でチャラか。

店舗情報→お店のHPです

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
コメント:0  トラックバック:0
2017/11/06(月) 13:00 背脂とんこつ醤油ラーメン りょう二郎 安佐南区・ラーメン
安佐南区川内六丁目22番
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
171106006001.jpg
171106002002.jpg
171106003003.jpg
171106004004.jpg
171106005005.jpg
最近まではお好み焼のちんちくりんがあり、古くはラーメン屋の馬些浪嘉があった場所にオープンした
二郎系ラーメンの店。先に大竹市にオープンしていて、川内は県内で二店舗目なのだろうか?
色々なメニュー展開ですが、たぶん基本であろう白をデフォルト状態でオーダー。
着丼したモノを見ると、盛りが半端ない。しかもその頂には普通の量と言って頼んだニンニクがドカッと。
具材に支配されているためスープは飲みにくいですが、レンゲで掬うと思ったほどしくこくありません。
そして麺が下の方に追いやられているので野菜層から食べていきます。
キャベツの層は大したことないんですが、モヤシの層がなかなか終わらないです。
半分ぐらいやっつけて、極太の麺を。埋もれていた割にノビることもなく噛みごたえがしっかりと。
次々と胃袋に流し込みますが、とにかく減らない。
そして最初は意外にあっさりと思っていたスープも背脂とニンニクが混ざってくると
なんともヘビーな味わいに変わってきました。
ラーメン、或いは野菜を食べているはずなのに焼肉でも食べているような錯覚を覚えるヘビーな味わい。
叉焼は柔らかくてゴツいものが惜しげもなく。これまた脂身部分がとても重い。
最後の方は根性でなんとか食べきったという状況。
よほどの大食漢でない限り、麺と野菜がハーフのレディース盛りで丁度よいのではないでしょうか?

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
コメント:0  トラックバック:0
2017/09/12(火) 13:00 瀬戸内煮干しらーめん 麺匠 春晴 緑井店 安佐南区・ラーメン
安佐南区緑井三丁目12番
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
170912001001.jpg
170912002002.jpg
170912004003.jpg
170912005004.jpg
毘沙門通り沿いにオープンした新店。先に中区にオープンした支店になるのかな?
この場所は10年以上前はお好み焼屋だったように記憶しています。
店舗入口そばにある券売機でちょっと悩み、最近の安佐南界隈は鶏白湯がウリの店が多いので
比較の意味も込めて濃厚鶏白湯らーめんを選択。
白濁し、ドロっとしたスープは見るからに濃厚。葱の緑色と唐辛子の赤が映えます。
まずはスープから、表記に偽りのない超濃厚さ。糸唐辛子のピリッと感が良いアクセント。
麺は細めでやや柔らかめに茹でられています。
肉系は2種類入っていて、鶏叉焼がパサつかず好印象。
メンマも柔らかく、トータルで柔らかさが前面に出る一杯。
が、スープは私には濃厚すぎで、そういった部分では凶暴さを感じられました。

店舗情報→お店のフェイスブックです

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
コメント:0  トラックバック:0
2017/06/16(金) 12:00 ラーメン食堂 安佐南区・ラーメン
安佐南区上安二丁目7番
↑店舗地図(地図中央の赤い+が目印です)
170616005001.jpg
170616001002.jpg
170616002003.jpg
170616003004.jpg
170616004005.jpg
かつて可部の旧道沿いで「ラーメン酒家 かべ3丁目」を営まれていた方が最近出店したというお店。
元の店はお弟子さんになるのかな?女性が「らーめん小道」として営業されていて
私自身、今年の春に伺っています。
初訪の今回、数種類のメニューから筆頭であろう豚骨しょうゆをチョイス。あまり待たされることもなく着丼。
ルックス的には私が11年ほど前に伺った時のかべ3丁目のラーメンとも今春伺ったらーめん小道とも違います。
まずスープから。これは良いですね。しっかり旨みもあり甘過ぎずしょっぱ過ぎずキレもあります。
麺は昔の印象そのままにコツンと小気味良い食感に茹でられ、最後までタレません。
ネギもモヤシもシャキッとしています。メンマは余計な味が付いておらず柔らかめで食べやすいです。
そしてチャーシューがまた面白く、豚の焼肉って感じでとても香ばしい美味しい肉です。
元々がSLタマダへ通うライダーからの支持が高かったお店でしたが
この店に変わって更に数段のレベルアップを感じました。
もちろん単に私の好みに寄ってきただけかもしれませんが。
かべ3丁目やらーめん小道をご存じの方には是非食べ比べてみて欲しいです。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
「レース」のち「釣り」時々「安芸高田」
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
   ポチっとクリックお願いします♪
コメント:0  トラックバック:0
 Home  NextPage